オカモトゥーユの気ままなアンテナ

気ままに体調と時間が許す限り更新


スポンサードリンク

そうだ海に行こう


スポンサードリンク

「たまには外に出かけた方がいいよ」
最近引きこもりがちな私に数人からアドバイスを貰った。

土曜、病院でも「たまには外に散歩に行ってくださいね」と言われたので、「じゃあ今外出しているついでに海にでも行ってくるか」と思い、和歌山は加太まで行ってきた。

どうして海に行こうと思ったのかは、信じている占いで「月星座がうお座のあなたは海や川に遊びに行くと良い」と書いてあったからで。
どうして加太だったのかは、前の日にKisssh-Kissssssh映画祭なるイベントが今週末行われるというニュースを見たので楽しそうだと思ったからである。f:id:okamoto_yu:20180923205751j:image肝心の映画祭はフリーパスを持っていなくて、着いたのが16時半と今から買っても仕方なかったので、野外上映までの時間つぶしに港町をブラブラとした。
どこか既視感のある風景だったが、すぐに思い出した。
おばあちゃん家周辺もそうだったなあと。
母方の祖母は和歌山県日置川町(現在は白浜町に合併)にあり、夏休みになるとよく遊びに行っていた。
まあ集落の位置の関係で、海よりも川に遊びに行くことが多かったけどね。

海がどんどんと近づいてくるにつれ、磯の香りが強くなってくる。
淡嶋神社に着くとどこからか波の音が聞こえてきた。
浜に出ると太陽が沈みかけていて眩しかったが、ホテルニューアワジのCMかと思うぐらい見事な夕陽だった。
でもCMに出てくるのは朝焼けである。夕焼けではない、念のため。f:id:okamoto_yu:20180923205824j:image10分ぐらい何も考えずにぼーっとした。
見えるのは紀淡海峡なのでどこまでも水平線というわけではなかったが、ただただ眺めているだけなのに、心が段々と穏やかになっていくのが分かった。

「将来、港町に住んでもええやろうなあ」と本気で移住を考えた。
ただスキーに行きたいので日本海側がええんやけど。
とにかく病院ついでに海に行ったのは正解でした。 

f:id:okamoto_yu:20180923205933j:imageあっ、野外上映で観た「温泉しかばね芸者」が思いのほかおもしろかった。良くも悪くもクソ映画(笑)
グロ耐性のない人間にはオススメはしませんが。
シアターセブンあたりでやればいいのになあ。


映画『温泉しかばね芸者』予告編


スポンサードリンク