オカモトゥーユの気ままなアンテナ

気ままに体調と時間が許す限り更新


スポンサードリンク

パレートの法則は持ち物にも言えるのでは


スポンサードリンク

来月、お金ヤバいなあ。引越しもあるし。
あ、どーもオカモトでございます。

ところで皆さん「パレートの法則」ってご存知でしょうか?

パレートの法則とは

イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートが発見した冪乗則。経済において、全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているという理論。80:20の法則、ばらつきの法則とも呼ばれる。(Wikipediaより引用)

という理論です。
Wikipediaにも書いておりますが、

・ビジネスにおいて、売上の8割は全顧客の2割が生み出している。よって売上を伸ばすには顧客全員を対象としたサービスを行うよりも、2割の顧客に的を絞ったサービスを行う方が効率的である。

商品の売上の8割は、全商品銘柄のうちの2割で生み出している。(Wikipediaより引用)

 と、ある数値の全体の8割が2割の要素で生み出されているということです。なんか説明へったくそだなあ。

気づいてしまった

それで私、最近気づいてしまったんですよ

これ部屋にあるものでも言えるんじゃね?

って。

自称:調味料マニアですけどマヨネーズの減り方だけが異常だし、
会社に行く時同じようなコーデばっかのような気がするし、
カバンたくさんあるのに使ってるのはリュックとトートだけだし…

他にも探し出したらキリはないと思うのですよ。

とにかく

部屋にある8割の物って別になくても大丈夫じゃね?

と思ってしまったワケです。

最低限必要な持ち物を考えてみた

ということで、今晩引越しって言われた時に持って行きたいものをピックアップしてみました。
・ベッドのマットレス
・二口のガスコンロ
・冷蔵庫
・電子レンジ
・炊飯器
電気ケトル
ネスカフェバリスタ
・洗濯機
・テレビ
・姿見鏡
・パソコン2台(デスクトップとノート)
・プリンタ
・スキー道具一式
・何日分かの着替え
・基礎化粧品類
ヘアアイロン
と見事にほぼ家電ばっかですけど、これさえあれば何とかなるんじゃないかと。

他の8割のものはどうするの?

最初にも書きましたが、引越しの荷物を減らすべく(荷物が多いとその分料金もかかるし)、二つの方法を取っています。

一つはメルカリに出品する。
価値があるもは少しでもお金にしたいということで、ひたすらメルカリに出品するようにしています。
検索しては相場を踏まえて出品。
カウルという本やCDのフリマに特化したアプリがあるのですが、これが本当に便利。
バーコードをピッとするだけですぐ出品できるんです。

f:id:okamoto_yu:20180926204417p:image
検索でもバーコードが使えるので、売りたい本の相場が分かるし、過去に売れた金額もわかります。
もちろんメルカリと連携しているのが本当に便利過ぎ。

もう一つは潔く捨てる。
誰も絶対買わなさそうなやつはゴミなので、物には感謝の気持ちを伝えてゴミ袋に入れています。こんまり先生式ですね。
粗大ごみはちゃんと大阪市のシールを買って処分しています。不法投棄はダメよーダメダメ。
もちろんタダであげるってこともしていますよ。あっ、二つじゃなくなったな。

私でもできる…はず…

話は変わりますが、あの高城剛さんは段ボールにして1000箱以上の物を、2001年から2007年の約6年の時間をかけて90%の物を処分して、更に約2年の月日をかけて残りの9%を処分して、結果的にスーツケース約1.2個分の荷物にしたそうです。
そのへんは著書に書かれています。もちろんこの著書も私は処分しますが。

モノを捨てよ世界へ出よう

モノを捨てよ世界へ出よう

 

LIFE PACKINGは続編が出ているけど、まだ読めてないです。

正直、まだまだ物が多くて時間はかかると思います。
何だかんだでオシャレが好きだし、執着心、特に服への執着心は絶対あるから、きっと引越しまでの2ヶ月ぐらいじゃ8割は処分できない気がします。

でも、できると信じてお片付け頑張ります。頑張れ私。

 


スポンサードリンク